アフィリエイト広告収入を目的とする違法ゲームアプリ配信に係る著作権法違反事件について

2021年 6月 24日

当協会の会員会社が権利を有する「仮面ライダーエグゼイド」、「それいけ!アンパンマン」、「ドラゴンボール」など人気アニメ等のキャラクター画像を権利者の許諾なく使用してスマートフォン用のゲームアプリを作成し、アプリケーションダウンロードサービスにて配信した神奈川県在住の被疑者2名が、佐賀県警察サイバー犯罪対策課、佐賀南警察署に著作権法違反で 2020年 9月 30日に検挙されました。

今回の事件を受けて、佐賀地裁は被疑者 2名に対し、懲役 2年 6月、執行猶予 4年、罰金 100万円の有罪判決を言い渡しました。

被疑者らは、アプリ内に掲載したアフィリエイト広告により収入を得ており、その収益は数千万円にものぼり、アフィリエイト広告収入の一部が犯罪収益として没収となりました。

不正行為に対して、警察当局により厳正な措置がなされたことは、著作物等の公正な利用や著作権者等の保護による文化の発展の観点から極めて重要なことと受け止めております。

当協会といたしましては、今回の判決は同種事案への警鐘を鳴らすものと考えますし、今後もこのような不正行為に対して、関係当局および関係各社・団体等と連携し、積極的に対応してまいります。


新役員などのお知らせ

2021年 5月 27日

当協会は、5月 27日に 2021年度定時社員総会を開催し、2020年度の事業報告、決算、2021年度事業計画案、収支計画案及び 2021・2022年度新役員の選任について原案の通り決議しました。また、6月 1日に第1回理事会を開催し、理事長の選任、副理事長・専門委員会の長の指名等について決議しました。詳細は「情報公開」・「役員の紹介」をご確認下さい。


日本商品化権大賞 2020 を表彰

2020年 12月 10日

当協会は、2020年 12月 10日、厳正なる審査会を経て「日本商品化権大賞 2020 (後援 経済産業省)」を決定し表彰いたしました。今回は、日本商品化権大賞 (国内・グローバル部門) に加えて、審査員特別賞、特別栄誉賞についても表彰いたしました。

なお、受賞作品の詳細は「日本商品化権大賞 2020」でご確認ください。


C3AFA TOKYO 2020 ON-LINE に出展し偽キャラクターグッズの啓発活動を実施

開催 2020年 10月 17日 - 18日
C3AFA TOKYO 2020 ON-LINE に出展し偽キャラクターグッズの啓発活動を実施

主催:C3AFA TOKYO実行委員会

後援:日本商品化権協会

内容:当協会は、出展社ページを利用して、「セミナー交流会の開催」、「日本商品化権大賞」、「微博 (Weibo) を活用した中国国内への啓発活動等の主な事業を紹介しました。主催者による全体の閲覧回数の公式発表は3,794,565回でした。


⇒ 過去のトピック

△このページのはじめへ